水のトラブルキッチン編

キッチンの水のトラブルは珍しいものではなく、排水口やシンクなどは劣化しやすい箇所です。食事を作る際に毎日使う場所だからこそ、水のトラブルが起きたら大ごとになることが多いです。

■排水口が詰まってしまった

野菜や食器を洗ったりと、一日の中でもキッチンを使う頻度はとても多いです。排水口が詰まってしまうとシンクそのものが使えないどころか、衛生面でもいい状態とは言えません。
排水口の水のトラブルの原因は、毎日使っていることで食べ物の小さいカスや脂分が溜まることです。毎日少しずつ流れてしまうことで、それがどんどん溜まってしまい、水の詰まりに繋がります。こうなる前に定期的に専用の薬剤を使って洗浄すればトラブルを回避することも可能ですが、一度詰まってしまったら自分で修理するのは難しい場合もあります。

■シンク下から水が漏れた

普段は毎日眺めるところではないものの、シンクの下に様々なキッチン道具を閉まっていれば、それを使おうとしたときに水漏れに気づくことがあります。その主な原因ですが、一番多いのはパッキンの劣化や排水のパイプが劣化で壊れていることです。
パッキンや排水のパイプが劣化していることが原因なら部品を交換すれば状態が改善されますが、部品が販売されていなかった場合は修理を依頼する必要があります。水の詰まりが原因の場合も専門知識のある業者に修理を依頼すれば、トラブルがスムーズに解消されるはずです。

■まとめ
キッチンの水のトラブルは一日も早く改善させなければ生活に影響が出てしまうので、あらかじめお願いする業者をピックアップしておくのがおすすめです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ