水のトラブル洗面所編

一日の始まりは洗面所からだという人も多いでしょう。顔を洗って歯を磨けば、寝起きでぼーっとしていた状態もすっきりします。しかし、洗面所も水のトラブルが起きやすい場所であるため、定期的に点検しておく必要があります。

■洗面所はどこから水が漏れるか

洗面所の水のトラブルと言えばやはり洗面台の下です。洗面所の排水管の特徴ですが、少し変わった形をしています。下を覗いてみたら途中で曲がっているのが分かると思いますが、あれはイヤな臭いが下水から上がってこないようにするためです。あの曲がったところに水が溜まるため、臭いに蓋をすることができます。
この排水管ですが、一般的に10年ぐらい経つと劣化が始まると言われていて、同時に配管にも劣化の症状が見られると言われています。排水管は途中で髪の毛などが詰まっていると、そこから錆びやすくなり、劣化が早くなってしまいます。

■劣化したパイプは交換できるのか

もちろん交換は可能です。ただし、部品を買ってきて自分で交換しようとするのは難しいかもしれません。排水パイプの劣化で困るのは穴が開いてしまうことです。途中で髪の毛などが詰まったらそこから劣化が早まるため、寿命と言われている10年より早くダメージが出てくる可能性も捨てきれません。目に見えて劣化が分かるようなら、穴が開いて水が漏れるのも時間の問題です。早めに修理を依頼しましょう。

■まとめ
外から見るとそれほど大げさなつくりではないように見えてしまうため、自分でも直せそうなイメージがありますが、専門知識がないと部品を外すことも取り付けることも簡単なことではありません。水道 工事業者に連絡するようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ