水のトラブルトイレ編

トイレの水のトラブルと言えば詰まりが一番多いと言われています。その原因を突き止めるのは素人にはなかなか難しいかもしれません。トイレから水が漏れる場合、汚水が床に広がる可能性もあるため、素早く修理を依頼するのが賢明です。

■水が便器からあふれてしまう

水が床にあふれてしまうと被害も大きくなります。中には水に溶けないものを流したわけでもなく、トイレットペーパー以外に流した記憶もないと頭を悩ませる方もいるでしょう。水のトラブルでトイレの詰まりの原因として多いのは、トイレットペーパーを流す量が多すぎた、便器の本体や配管が劣化している、気づかないうちにトイレットペーパー以外の何かを落としていたといったことが挙げられます。

■タンクから水が漏れている

レバーを引いてしばらくすると水が止まるはずなのに、なぜかタンク部分から便器へ水がちょろちょろと出たまま止まらないというトラブルも少なくありません。レバーを見ても元の位置にしっかり戻っているのにと不思議に思う方もいるでしょう。
少しずつしか出ていないから気にしないというのは危険です。少しの量かもしれませんがその分もしっかり水道料金が加算されるため、早めの修理が必要です。いつまでも水が止まらない主な原因ですが、タンクの中のゴムフロートが閉まっていないため、ゴムフロートそのものが壊れてしまったため、といったことが考えられます。

■まとめ
便器が詰まっている状態でさらに水を流そうとすると、流れない水が便器からあふれ出てしまうため、何をどうしても水が流れない、詰まったままという場合はそのままの状態で業者に見てもらうことが大切です。トイレの水のトラブルも状況が悪化してトイレの交換が必要になる前にできるだけ早めに修理をしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ