水のトラブル蛇口編

水は蛇口をひねれば出てきます。1日に家の中の蛇口を回す回数は多いです。だからこそ水のトラブルが多いと言われています。蛇口のトラブルにはどんなものがあるのでしょうか。

■蛇口は消耗品

すぐに壊れるわけではないものの、長く使っていれば劣化してくるのは当たり前のことです。蛇口をしっかり締めたはずなのに水が漏れてきたり、以前に比べて水の出が悪いと感じることもあるでしょう。なぜかハンドルが硬くて回しにくいと感じることもあります。
これらの不具合を感じつつも、なんとか使えるから大丈夫だろうと放置しておくと状態が悪化し、蛇口 交換が必要になります。水のトラブルで多いのは状態が悪化してから修理を依頼することです。こうなると修理に手間がかかり料金も高くなってしまうこともありえるため、おかしいと思ったときはすぐに業者へ連絡を入れるのがおすすめです。

■どんな修理が行われるのか

水のトラブルで多い蛇口の修理ですが、例えばハンドルの下部分から水が漏れている場合は水栓ハンドルの中のパッキンを交換することで対応できます。水が出てくる吐水口から水が漏れてくる場合はケレップという部品を交換すれば水が漏れなくなります。
パイプの根元から水が滲み出てくる場合はナットを締めなおすことで水漏れが直ることもありますし、ゴムパッキンを交換することで直ることもあります。

■まとめ
ゴムパッキンの交換は自分で出来る方もいますが、止水栓を止めてから作業に入ったり、専用の工具が必要になるなど大変な作業になることもあるため、自力で修理が出来ない場合は素直に専門業者へ依頼しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ